忍者ブログ
ダンスユニット“ねねむ”の近況報告。 主宰 陽茂弥のひとり言やら、メンバーの嘆き・告知など。
[1] [2] [3] [4] [5] [6]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

夜間の部はねねむメインダンサー・霜村佳広(ドイツ在住)による、動くために動き出す前の体を探るワークショップ。
誰もが持つ身体構造と重さへ焦点を当て、それらを効果的に利用する方法を紹介。



甩手(すわいしゅ)、丹田(たんでん)、六方(ろっぽう)など、太極拳やヨガ、歌舞伎、舞踏でも用いられる運動力学の観点からダンステクニックを学ぶ。


重心、体重のかかり方、センターラインを意識しながら体を動かしてみる。


人の重心を遠ざけるゲーム


そして応用。どんどんダンスに近づく体。



自分の体と向き合い、運動とは何かを再確認出来たのではないでしょうか。
あとは、日々の努力と探究心ですね。

長い一日でしたが、参加者の皆さんは筋肉痛になってないかな?

次回は春頃にワークショップを開催できたらなぁと考えております。
今回、参加した方も、参加出来なかった方も、また、興味を持たれた方も、みなさんのお越しをねねむ一同お待ちしております。
一緒に踊ってみよう!


PR
1月26日にねねむのワークショップを行いました。

昼の部は主宰・陽茂弥による、誰でも簡単に踊れる、作品を作れるようになるワークショップ。
ねねむがダンス作品を作る時のメソッドを交えて紹介。

陽くんの飲み友や4歳児~ダンス経験者まで様々な方に参加いただきました。


お題にそったソロ作品を作り、


発表し合い、群舞にし、


ストーリー、イメージを共有し、


最後はみんなでひとつの作品を作り上げました。


簡単に踊れて作品も作れて、
参加者のみなさんに大変楽しんでもらえたワークショップになりました。

次回も楽しみにしてください。
昨年、風煉ダンスの『ゲシュタル島崩壊記』に衣裳班で参加させていただき、慣れない演劇の衣裳ということもあり大変苦労しましたが、公演は大成功でした。
その余韻に浸っていたゲシュタル島生還者達で年末ライブをすることになったのですが、ねねむ主宰・陽茂弥も謎のハイブリッド生物役で出たい参加を表明!

そして、新作着ぐるみ製作と稽古に奮闘、あっという間に当日を迎えました。

ご覧ください。
ウミウシシで「ドナドナ」です。
どーぞー!!

http://m.youtube.com/watch?v=r3ZFe4T7-PM#

陽くんと朝ちゃんのウミウシシ可愛かったですねー。
ねねむのお客さんはウミウシシよりも共演者の猫肉屋マシュー孫三郎がかっこよかった〜♡とのことでした。
ガビーンil||li (OдO`) il||li


井上のぞみ( 3 ω 3 )ノ



今回の公演「温風」のためにドイツからやってきたダンサーの霜村佳広さん。



帰国するなり
焼肉とレバ刺しで帰国の歓迎会。


忍者ブログ [PR]
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
フリーエリア
最新CM
[08/04 ebygwakfhw]
[07/18 のぞみ]
[05/17 nenemu]
[05/09 nenemu]
[05/06 nenemu]
最新TB
プロフィール
HN:
ねねむ
性別:
非公開
自己紹介:
2006年にダンサーの陽茂弥と、舞台美術家の井上のぞみを中心に結成されたダンスユニット“ねねむ”。
“ねねむ”に関わる人々の自由奔放なブログ。
バーコード
ブログ内検索